OKハウスいさり火通店

GMDN Vol.3

( ノ゚Д゚)おはようございます!小倉工務店 管理課のN村です。

さーて、やってきました08/25・26!GLAYさんの緑の島での大型野外LIVEです。
“ GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.3”と銘打たれたこのシリーズ、
2013年の緑の島での開催がVol.1だとして今回がVol.3なら2は?ってなるじゃないですか?
なんと函館アリーナで開催された2015/07/25・26の「こけら落とし公演」をVol.2とカウントしていたんですねぇ!
な、なるほど———————-‼ww

わたくしも遅ればせの盆休みをここにロックオンさせて頂きまして夢の4連休!
…なのですが、毎日本州からやって来る友達の函館案内で3日間で2回もガソリンを給油する程、マイカーを走らせ捲りました。
初日24日に来函の友人Hは私の車に乗り込むなり「行きたい店・場所」リストを渡して来ましたからww
みんななっかなか機会がないと函館まで来てくれないですから、ここぞとばかりに行きたいところには極力連れて行って
あげたいと思います。

それにしても台風19号と20号が揃ってこの週末に函館にやって来るということで、2013年の「ずぶ濡れLIVE」の記憶が蘇るようです。
GLAYと言えば「雨」はつきもの。
強力な“雨男・がいるからなぁorz

豪雨であってもLIVEは決行。しかし傘は禁止令が出ている為、
参加するならカッパ着用必須です。
しかしながら、カッパを着てのLIVEは言わば「蒸し風呂」。

ミッドサマーにはなかなかキツイ状況だなーと思ったら、まぁ!
LIVEが始まった途端、雨は止み、太陽が顔を出したのですよ!!!
そう、GLAYには晴れ男“TERUだって
いるのです。

初日はちょっと風が強かったけど、暑過ぎず、殆ど雨にも降られず
実にあずましい状態。

しかし、2日目はかなり炎天下になりました。そしたらステージ上のGLAYさんの様子がおかしいww

特にTERUはステージ、花道を何度も走ったので脱水からか口が上手く回らなくなってました。
MC最中、大事なところで噛み捲り!LIVE後直ぐに塩分・ミネラルを補給するべきレベルだったと思います(よく頑張りました!)
突然ドローンでアップを抜かれると顔が死亡してるのは尚ww
彼の花魁風衣装は当然お着物なので、まとわりつき非常に暑そう。そして髪にも沢山の簪やエクステ….。
このLIVEの模様が商品化される時は上手く編集されていることを願いますw

 

 

今回のセットリストは”all シングルス”。
GLAYのセットリストはいつもJIROセレクトです。
「なんだ、シングルか〜」みたいなお嘆きも沢山寄せられたと言いますが、GLAYさんは実はシングル曲であってもLIVEでは
演られてない曲って本当に沢山あるのです。
全部持っている筈なのに、イントロを聴いても「あれ?この曲なんだっけ?」となる曲満載。
段々思い出す、この沢山の名曲たち。

2日目はWOWOWカメラが入って、どーんと生中継。
遠方過ぎて来れない人もクーラーの効いた部屋で同時にLIVEを楽しめるという配慮がされていました

場所は両日ともイマイチだったんですが、大きなモニターもあり、全身全霊で楽しめました。GLAY最高ー‼︎

そしてクリスマスのLIVE日程が新たに発表されて、嬉しい限り。
スケジュールとにらめっこしながら、チケットの手配をしたいと思います。

 

今回、函館以外からやって来た友達にも沢山会えて、ホントに楽しかったー!
ジュリーのことを忘れてGLAYGLAYで過ごしたこの4日間でございました….。

 

 

 

 

家に帰って、体重計に乗って一気に現実に引き戻される瞬間。
このGLAY週間で増加した体重は全部自分の食べたものが反映されています。と・ほ・ほ~( ;∀;)
明日からまた虫になった気分で野菜中心のヘルシー生活を送りたいと思います。

 

 

 

↓増発の市営バスの粋な計らい♪やるね!

 

 

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お部屋を探しておいでのお客様!
お気軽にOKハウスいさり火通店までお問合せ下さいませ。
お客様の立場に立ち、豊富な物件の中からぴったりのお部屋をご案内致します。
わからないことなどありましたら何でもお気軽にご相談下さい。

TEL:0138-55-6565
営業時間:09:00~19:00(定休日なし)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

“早川タケジ”という男。

( ノ゚Д゚)おはようございます!小倉工務店 管理課のN村です。

えーとこの場所、もう誰のお目にも触れてないと思って
好きなこと書いてますけどすみません(笑)

今日は【昭和のファッション界の巨匠
早川タケジについて語ろう】の巻
です。

 

ジュリーよりひとつ年上の、現在71歳。勿論ご存命です。
画家であり、イラストレーターであり、アートディレクター・そして
デザイナーでもあります。

 

元々自身がファッションモデルとして暫く仕事をしたものの、僅か3年ほどで「作り手」側に転じました。
その当時の日本にはない大胆な発想と表現力で、アートファッション20世紀の巨匠たち展で日本人で唯一選出された
鬼才と呼ばれた人です。

その鬼才が26歳の時の1973年、ジュリーのスタイリストに抜擢されました。
曲で言うと「危険なふたり」からです。

タイガースでデビューし、PYG時代を経て独り立ちした沢田研二ですが、4作目まではダッサダサでした、ハッキリ言って(笑)
端正な顔立ちは持って生まれたものでしたが、ただただ長く伸びた髪は顔に影を作り、無表情で突っ立って歌う。
TVでのファッションもタートルの白いニットにパンタロンみたいな実に無難な出で立ちでした。

その当時の早川タケジの言葉として印象的なのが
「私は何億人に一人という“天然記念物的に美しい人”が大好き」という一言。
ここに早川タケジのターゲットとして、沢田研二がバチ———————-ッとハマる訳ですね。

 

新・御三家として出て来た秀樹やひろみ達より小柄だったジュリー(171㎝)に高さが10㎝もあるロンドンブーツを履かせ、
身長で引けを取らないようにしました。
デニムのベルトループ部分が2段になるよう付け足してハイウエストにし、より足が長くタッパがあるように見えるように工夫。
サイドの髪は流して耳を出し、大きくはっきりした目元を強調するよう額を出すなどさせ、ジュリーがどんどん垢抜けて
いきます。
元々自己主張が少なく、人の言うことに従順だった彼は早川タケジが用意するものを上から下まで全部言われた通りに
身に着けました。

時には外国製の総レースのテーブルクロスをジュリーに巻き付け、その場でジョキジョキ裁断&仮縫いし、ステージ衣装の
ブラウスを製作したという逸話も。「何時間にも及ぶ仮縫いに文句のひとつも言わず、ジュリーはとても辛抱強い人だった」と
後に語っています。

そしてパナマ帽を飛ばしたり、ポリス帽を阿弥陀に被って片目しか見せなかったり、ウイスキーを霧のように吹いたり、
“OH!ギャル”ではディートリッヒばりなメイクを施し、この路線が大爆発!

これらの演出にはお茶の間から「淫らだ」とか「子供の教育上、悪い」などの意見が寄せられたというが、ジュリー本人が
所属事務所社長に「オカマ(に見えて)でも何でもいいからやる!!」と直談判し、そのまま継続。

しかし問題が発生します。
“TOKIO”でパラシュートを背負いながら電飾で飾られた衣装で歌うことになった時。

タイガース解散以降、ずっとジュリーを支えてきたバンドのリーダーである井上堯之があまりにヴィジュアル路線に突っ走るジュリーに「もうこれ以上一緒にやれない」とバンドの解散を申し出たのです。

絶大な信頼を置き、長年共にやって来た仲間から突き付けられた別れ。
ソロ歌手ではなく、あくまで井上堯之バンドのVo.であると自負していたジュリーのショックは大きく、早川タケジと井上堯之の
狭間で悩み、胃潰瘍に倒れてしまいます(この後、丸ひと月入院する)。

しかし結局このヴィジュアル路線を貫く事を選択し、復帰後も両目に色違いのカラーコンタクトを装着、歌いながら毎回破く
ビニール製のジャケット、歌唱中に煙草をくゆらせ、挙句にカメラに向かって吹き飛ばすなど、ことごとく誰もやらなかった
事を日本のミュージックシーンに取り入れ捲り、確固たる地位を築き上げます。
“晴れのちBLUE BOY”では軍服のウエストに100Vのサーチライトを着け、歌唱中に服地が熱で燃えるというハプニングも。
プロデューサーの加瀬和彦はそんな様子を面白がり、「ジュリーは大勢の人に見られることでエネルギーを出す男。
テレビに出れば出るほど、持ち味を出して輝いた」と語りました。

 

そんなわけでジュリーと言えば今でもパナマ帽を投げたり、真っ赤な羽毛のストールだったり、ジッパーを半分開けたデニムのウエストに差し込まれたヘネシーボトルを思い浮かべるほど鮮烈な印象を視聴者に植え付けました。

 

自らの事を「与えられた仕事は一生懸命やるけど、自分から夢を追いかけるタイプじゃない」と語るジュリー。
芸能界での成功はこの早川タケジとタッグを組んだところから始まったと言っても過言ではないのです。
早川タケジがいて、その考え抜かれた戦略があってこそのジュリーの大ブレイクだった訳です。

ファッションだけでなく、早川タケジはジュリーのレコードジャケットも沢山手掛けました。
「時の過ぎゆくままに」「カサブランカ・ダンディ」「TOKIO」「ダーリング」「恋のバッドチューニング」「S/T/R/I/P/P/E/R」etc…。
それらも逐一洒落ており、他のジャケットとは一味も二味も違います。
確かに今ではMacでいとも簡単に出来ることを全部手動でやっていたのだから驚きです。
面白いことをどんどん考えつき、尽きないアイデアと多大な影響力を兼ね備えた、早川タケジはあの時代に
唯一無二の存在だったと言えます。

 

そんな早川タケジの功績を一冊にまとめた写真集“paradis,paradis”がリトルモアから出版されています。
この本の装丁を手掛けたのも勿論本人である故、写真と写真の間にフイルムが
挟まるなど非常に面白い作りになっています。
この本には他にも観月ありさ、松雪泰子、アン・ルイスのスタイリングなども収められてはいるが、全128ページ中100ページがジュリーのスタイリングに割かれた、もう「ジュリー写真集」と言っても過言ではない一冊。

 

家宝として一冊ぜひ入手しておきたい本である。
なかなか入手困難な本ですが、みなさんも万が一見かけたら一度お手に取って
みて下さい。

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お部屋を探しておいでのお客様!
お気軽にOKハウスいさり火通店までお問合せ下さいませ。
お客様の立場に立ち、豊富な物件の中からぴったりのお部屋をご案内致します。
わからないことなどありましたら何でもお気軽にご相談下さい。

TEL:0138-55-6565
営業時間:09:00~19:00(定休日なし)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

70歳の沢田研二!LIVE at 武道館 07/06

( ノ゚Д゚)おはようございます!小倉工務店 管理課のN村です。

 

さてさてわたくし、2018/07/06(金)、武道館で開催された“沢田研二”のLIVEに行って
来ました。
御年70になるジュリーの生のLIVEを見に行く機会がある事自体、
驚きなのですが、とにもかくにもあのTVで見た「全盛期のジュリー」以来、
お目に掛かる本物のジュリー”です。

大体、ジュリーのLIVEって何を着ていけばいいの?(笑)
普段GLAYのLIVEに行くファッションをちょっと抑え目にしたくらいの感じで
どうでしょうと出掛けてみましたが、全身スパンコールの光輝くカクテルドレスを
身に纏ったマダムや、浴衣にカンカン帽などで粋に決めたマダムなどで会場は溢れ、
自分はなんて場違いな恰好をしているのだろうと恥ずかしくなりました。

さて、気を取り直して会場入りしますと、大入り満員!立派なものですw
武道館が彼のファンでパンパンです。男性のお客さんの姿も結構見られます。
ステージはというとジュリーが使うマイクスタンドが1本、それと右側にギターと
アンプがワンセットという実にシンプルな機材のみ置かれています。
ん?これだとバックバンドがいない感じだけど、まさかまさか?

 

 

平日だというのに今日のLIVEの開演時間はなんと17:00(開場/16:00)で、完全なる社会人殺しです(笑)
そして始まってみればやはり、ステージ上はジュリーと、ジュリーの相棒のギタリスト“柴山和彦”(EXOTICS)の二人しか
いません。そう今夜から始まる、この先64本のLIVEをこのたった2人で回るのだそうです。

 

MCで「構想12年…」と言ってました。
その12年も構想された二人きりのLIVEがとうとう陽の目を見るということですね。

トーク20分、歌が70分の正味90分くらいのステージだったのですが、心配することは何もありませんでした。
Vo.のジュリーとギターだけで見事にステージが完成され、本当に満足のいく夜をくれたのです。

 

 

「もうヴィジュアルでは勝負していない」と言うジュリーは確かに全盛期よりずっと横に大きくなり、髪も髭も真っ白、
メイクの欠片もなし。汗びっしょりの顔や髪をタオルでごしごし拭きながら歌うのですが、磨きの掛かった甘い声や
確かな音程は健在で余計な飾りをそぎ落とし、歌い上げる曲は客の心を潤しじっくりと奥まで染み渡ります。

その、演奏された全18曲の中で自分が知っている曲は4曲しかありませんでした。
じゃあ他の14曲の間は退屈していたのかというと、そんなことはありません。初めて聴くのにどこか聴いたことのあるような
印象で、ジュリーの伸びやかな歌声にうっとり、すっかり聴き入ってしまい、あっという間に時間が過ぎていきます。

今日私が70歳のジュリーを見に行くことを知っている友人から「どうだった?マジでおじぃだった?」とか
「本当に全盛期の面影ないんでしょ?」みたいなLINEが来たのですが、今のジュリー、どこも悪く言うところがないのです。

歳だけ聞けばもうおじいちゃんの域なんですけど、そういうイメージも全くなくステージ狭しと動き回り、息切れもしない。
とにかくパワフルでエネルギッシュな印象だけを残しました。
(因みに言うと、タモリ小田和正70超え、あの矢沢の永ちゃんだって68歳ですよww)

 

全盛期のジュリーも大好きだけど今のジュリーもかなり素敵♪
このツアー、来年の1月まで続くので、あと2~3か所のLIVEに足を運ぶつもりです。
もう少し最近のCDを聴き込んでいかないとな(笑)…ということでLIVE帰りの物販コーナーでCDを数枚買い込んだのは
いうまでもありません。

 

追伸:
ちなみにわたくし、髪型を“バイバイジェラシー・カット”(この曲を歌っていた時のジュリーの髪型)
しました!
いつものヘアサロンの担当さんには「2018年にその髪型すんの?」って笑われましたけど、無問題♪
大変、気に入っています♡←

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お部屋を探しておいでのお客様!
お気軽にOKハウスいさり火通店までお問合せ下さいませ。
お客様の立場に立ち、豊富な物件の中からぴったりのお部屋をご案内致します。
わからないことなどありましたら何でもお気軽にご相談下さい。

TEL:0138-55-6565
営業時間:09:00~19:00(定休日なし)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■