おじさんキラー。

( ノ゚Д゚)おはようございます!小倉工務店 管理課のN村です。

自分で言うのもなんですがわたくし「おじさんキラー」です。
特にお父さんくらい歳の離れたおじさんには何故か好かれ易い傾向にあります。

派遣社員だった時代、2~3年ごとに色んな会社へ出向いてはまた次の会社へと渡り歩く生活をしていたのですが、
勝手な解釈で誤解しがちなおじさんは例えば課内の人だったり、ビル清掃のおじさんだったり、守衛さんだったり様々です。

でも、「そのくらいの歳のおじさんを邪険にする理由がない」というのが理由で挨拶をしたり、話をしたりしているだけです。
ほぼボランティア精神からくるようなものでしょうか。

しかしおじさんの方は
「僕は彼女から好意を寄せられている!」
「その好意に(奥さんがいるけど)応えなくては!」
「よーし、贈り物攻撃だ!」
とか思うようで(全くの誤解です)、対処に困ることが
ありました。

あるビル清掃のおじさんAは“WEDGWOOD”のティーセット一式をプレゼントして下さいました。
自分ではとても買わないですし、およそ趣味ではありません。
高価なのを知っているので「受け取れない」と返そうとしましたが、「頂き物だから気にしないで。返されても僕も使い道がないから」と言われて仕方なく受け取りました。
(のちにバザーに出し、¥5000で売れていきました。笑)

一度受け取ってしまったのが運の尽き(?)だったのか、
その後プレゼント攻撃がエスカレートし過ぎて辟易。
挨拶ごときで頂戴する理由も無いため、出向先の上司様に相談し、注意して頂きました。
するとおじさんAは他のビルへと配置換えされたようだったのですが、帰り道で待ち伏せするようになってしまい、今で言うところの
「ストーカー」の走りみたいなね…いや笑い事じゃないんです。ホントに恐怖です。

 

守衛のおじさんBはスマホデビューされて四苦八苦されておられたので、使い方を教えたのがきっかけでした。
成り行き上、メールアドレスの設定をし、テストで自分のメルアドに送信してみたりしたら、その日から何十通もメールが
おじさんBから届くように。
そのうち内容が「〇日は妻が旅行でいないから自宅にPCの設置に来て欲しい」だの「一緒に〇〇に2人で出掛けよう」などになって来て、これも対処しきれず。その時は私の方が希望して出向先を変更してしまいました。

会社に出入りする全てのおじさんとの距離の取り方がわからなくなってしまい、暫くおじさん恐怖症になっていました。

 

 

そして今は読●新聞本社時代に同僚で、定年退職した“おじさんC”にしつこくされており、ため息ばかりです。
お金も行動力もあり、元気で暇を持て余している為、メールの返事を返さなくてもいきなり函館まで来てしまうので厄介です。
突然「今、函館駅にいるんだ。メシ食わないか」とかメールが入って来ますが、どーでもいーので返事はしません。

歩いていて偶然街中でばったり、なんてことも少ないでしょうけどそんなメールが届いた当日は何故かわたしの方が
コソコソ行動してしまいます(笑)

 

わたしは男は正直言って「年下」の方が好きです(笑)
お父さんくらい歳の離れたおじさんを恋愛対象にする事は今までも今もこれから先もないと思うのです、すみません…。

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お部屋を探しておいでのお客様!
お気軽にOKハウスいさり火通店までお問合せ下さいませ。

お客様の立場に立ち、豊富な物件の中からぴったりのお部屋をご案内致します。
わからないことなどありましたらなんでもお気軽にご相談ください。

※各記事(エントリー/投稿)の内容は投稿時のものです。
閲覧時とは異なることがございますのでご了承ください。
なお、空室・空家情報に関しましては、各店にお問い合わせください。