立つ鳥跡を濁さず。

( ノ゚Д゚)おはようございます!小倉工務店 管理課のN村です。

 

…安室奈美恵。

彼女の突然の「引退宣言」には本当に驚かされました。
今年2017年の誕生日が来て彼女は40歳を迎え、そして来年の41歳の誕生日で芸能界を引退するというのです。

アスリート感覚なんでしょうか?
我々が見ている分には「引退なんてまだ早いのでは?」とか「まだまだやれるって」とか思いますけど、本人的にはパフォーマンスで納得のいかない
何かを感じているのかもしれないし、そんな状態で続けるのは…ってことなのかも知れません。

15歳のデビューから第一線で突っ走り続けて25年。
40歳を迎えてふと立ち止まった時に人間として色々経験出来てないことがある、ということにハタと気付いたのかも知れませんね。

女性の人生が80年として丁度折り返し地点に差し掛かり、「普通の人」としての普通の生活をして
みたくなったのかも知れません。

 

そしてその「引退」の記事が出てから世間の「惜しがり方」が凄いです。
ショックで仕事を休む人、泣き崩れる人、SNSで嘆き捲る人…様々です。

CDショップでは今また改めて安室奈美恵コーナーを作り、売り上げが鰻登りだそう。
「惜しまれる内が華」ですよね。“立つ鳥跡を濁さず”とは安室ちゃんの為にある言葉だと思います。

 

さてわたしは、と言えばアムラーブームの真っ只中を生きていました。
まぁ勿論そのブームを横目で見つつ、素通りしたタイプなのですが、でもすごかった。
それから間もなく浜崎あゆみが出て来て、2人は人気を二分していましたが、安室ちゃんの突然の結婚&産休。

戻って来た時、完全に世間の興味は「あゆ」側へ移行していました。
たった一年くらいでこうも安室ちゃん側に落ちぶれムードが漂うだなんて誰が予想したでしょうか?

しかし当時から地上波歌番組出演は控えめ、MCもほぼ無し、プライベートは殆ど明かさずというスタンスを貫き続けた彼女は、その後もそのスタイルを守り続け、会場まで足を運ぶファンを最優先に地道にLIVEをこなし続けました。

そして人気は復活!すっかり元通り。結婚・出産しても全く変わらないそのスタイルと美貌、イメージに惹きつけられる人は
後を絶たなかったのです。

そして2017年の今。
あゆの落ちぶれ感が際立っています。何度も結婚・離婚を繰り返し、病気アピール&歌唱力の衰え、
そして女子プロレスラーのように膨張したその容姿。「空港芸人」なんて呼ばれちゃって、目も当てられない。
まさに生き恥晒しのような状態に。

 

そこへ来ての安室ちゃんの、絶頂期の最中の引退宣言。
もう恥ずかしくて今から引退宣言すらも出来ない浜崎あゆみ。でも復活も望めないだろう。

 

時の流れは残酷。寄る年波は芸能人であっても平等に訪れる。
でも上手く乗り越えて行けるのかどうかはまさしく本人次第。

 

人気に胡坐をかくことなく、ストイックな努力を続けた安室奈美恵に軍配は上がった結果になりましたな。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お部屋を探しておいでのお客様!
お気軽にOKハウスいさり火通店までお問合せ下さいませ。

お客様の立場に立ち、豊富な物件の中からぴったりのお部屋をご案内致します。
わからないことなどありましたらなんでもお気軽にご相談ください。

※各記事(エントリー/投稿)の内容は投稿時のものです。
閲覧時とは異なることがございますのでご了承ください。
なお、空室・空家情報に関しましては、各店にお問い合わせください。