スヌーピー・ミュージアムTOKYO

( ノ゚Д゚)おはようございます!小倉工務店 管理課のN村です。

 

アメリカ・カルフォルニア州にある本家『チャールズ M.シュルツ美術館』の世界初オフィシャルサテライトとなる『スヌーピーミュージアム』が2016年4月23日(土)、東京は六本木にOPENしました(2018年の9月で閉館の、期間限定です)

N村が子供の頃からずっといたスヌーピーというビーグル犬のキャラクター。
お誕生日は1950年8月10日なんだそうです。今年で何と!67歳ですよ、スヌーピーは(長生き過ぎるだろww)

そんなN村がスヌーピーにハマり出したのは極最近です。
今まで長いこと生きて来て何で今まであの可愛さに気付かないでいたのでしょうか!勿体ないことをしたものです。
そんなんだから高田馬場に住んでいた間に幾らでも見に行くチャンスがあったのに逃し、函館くんだりから遥々足を運ぶ羽目になりました。

まずローソンチケットで前売り券を買って、ミュージアム窓口で正式なチケットに交換するという仕組なんですが、そのチケットは入場した日と同じ日に新聞に載ったコミックがプリントされており、
毎日絵柄が変わるそう。このチケットをコレクションしたいが為に毎日通ってくる、熱狂的なファンも
いるんだとか。

美術館のように入館したら自由に見て回れるのではなく、ちゃんと「順路」に従わなくてはなりません。N村は運悪く、騒がしい中国人団体客と同じチームになってしまい、写真撮影可のスポットではそいつらが「我先に」と陣取り、交代交代で写真を取り巻くるので全然自分の番が来ずに苛々。
鬱陶しいので30分くらいトイレで油を売り、こいつらと離れる計画を遂行しました。戻って来たら先へ行ったのか居なくなっていたのでしめしめです←

“PEANUTS”と呼ばれるスヌーピーを取り囲む仲間の紹介と一緒にちなんだエピソードの描かれたコミックが所狭しと展示されています。
作者のチャールズ・モンロー・シュルツさんの写真も沢山飾られており、なかなかのイケメンで驚きました。
こんな人があの可愛いスヌーピーを生んだ人なの?と思って。ビーグル犬を飼っており、その犬がスヌーピーのモデルになったとのこと。
勿論スヌーピーのコミックばかりを描いていたわけではなく、単なる風景のスケッチや真面目な人物画なども展示があり、実にお上手。流石有名な漫画家さんである←

展示物や時々4分程のスヌーピーのアニメなどが挟まれつつ、回って行くと最後はミュージアムのグッズ売り場とカフェが待っていて、まぁ散財した散財したww
ここでしか買えない限定品やら限定メニューやらが満載で、どんどん買い物カゴにインしてしまい、レジで青ざめる感じに←

レストランの名前は“Cafe Blanket”といい、ライナスが肌身離さない毛布が由来になっている。スヌーピーは何故かこのライナスの毛布が大好きでよく穴を掘って隠し、
→ライナス本人が毛布を探しまくる
→スヌーピーが見つけ出し、大感謝される
→でも実はスヌーピーが犯人、みたいなエピソードが本当に可愛いなとニンマリ♡

そこで【スヌーピーディッシュコンボ】を注文。なんとスヌーピーの餌皿に盛られて出て来るこだわりぶり♪
ツナサンドはシュルツさんの好物だそうです。
毛布を見つけてくれたスヌーピーを抱きしめるライナスの旗が
立っており、記念にお持ち帰りして来ました。

 

 

 

 

 

このミュージアムの閉館は来年の9月。目まぐるしく展示物もお土産もカフェメニューも変えて飽きさせないような工夫をしておられ、
閉館までにもう一回くらい行きたいなと思っているN村であります。

次回の上京チャンスは10月末だよ♪
それまでは真面目に働いて、またお小遣いを貯めることにしよう。

 

追記:

そうそう、みなさん。旅行から帰って来ると体重増加が心配ですね。
わたしもdkdkしていましたが、増えてませんでした!胸をほっと撫で下ろした瞬間です。
まぁ結構食べちゃったな、と自分でも思ったんですけどほぼ一日中足が棒になるまで徒歩で移動したりしたのが思ったより
カロリー消費に繋がって、それでトントンになったのかなと思います。
プロティン持参で行き、朝昼プロティンのみで過ごせないかと思ったのですがお腹が空いて全然無理でした。
それで十分過ごせるいつもの毎日はやはりカロリー消費が本当に大したことないのだろうと思われます。
ジム通い、大事だなと改めて感じました。

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お部屋を探しておいでのお客様!
お気軽にOKハウスいさり火通店までお問合せ下さいませ。

お客様の立場に立ち、豊富な物件の中からぴったりのお部屋をご案内致します。
わからないことなどありましたらなんでもお気軽にご相談ください。

 

※各記事(エントリー/投稿)の内容は投稿時のものです。
閲覧時とは異なることがございますのでご了承ください。
なお、空室・空家情報に関しましては、各店にお問い合わせください。